有償冊子のお申込み

| 生乳取扱技術必携 | 検定情報活用誌 G1 |

生乳取扱技術必携

◆ 生乳取扱技術必携(平成24年10月発刊)
4,762円/1冊 (税別・送料別途)

データ更新の他、東日本大震災による東京電力(株)
福島第一原子力発電所の事故を受けて改正された食品中の
放射線物質の規格基準などを追記し、発刊しました。

■ 生乳取扱技術必携 お申込み方法
お申込み用紙をダウンロード、プリントしてご利用ください。
用紙に、必要事項を明記の上、下記の宛先までFAXにてお申し込み下さい。

公益社団法人 北海道酪農検定検査協会 生乳検査部 検査課
FAX 011-281-9215 (問合せ)TEL 011-271-4389

当会にてお申込み受付確認後、印刷会社より直接納品されます。
代金につきましては印刷会社よりご請求がございますのでお支払いください。


検定情報活用誌 G1

・Vol. 1 (2005.6発行) 執筆者:草刈 直 仁
「乳牛の繁殖改善モニタリングについて
繁殖成績悪化の要因と改善に向けたモニタリング」
・Vol. 2 (2006.2発行) 執筆者:海田 佳宏
「グラスサイレージの調製について」
・Vol. 3 (2006.3発行) 執筆者:伊藤 めぐみ
「THE 第四胃変位」
・Vol. 4-1(2006.3発行) 執筆者:平井 綱雄
「牛乳房炎コントロールについて(原因菌から搾乳方法)」
・Vol. 4-2(2006.3発行) 執筆者:菊池 実
「乳房炎新規感染のコントロール」
・Vol. 5 (2007.3発行) 執筆者:阿部 紀次
「主な運動器病」について
・Vol. 6-1(2008.3発行) 執筆者:川本 哲
「カビ毒:基本的な考え方と応用」
・Vol. 6-2(2008.3発行) 執筆者:菊池 実
「現場でのカビ毒汚染(その見分け方と対策)」
・Vol. 7 (2013.3発行) 執筆者:谷川 珠子
「トウモロコシサイレージの特徴と給与のポイント」
・Vol. 8 (2013.4発行) 執筆者:五十嵐 弘昭
「今日から出来る経営改善の取り組み」
・Vol. 9 (2015.2発行) 執筆者:海田 佳宏
「牛群検定成績表の見方と活用方法 現場サイドでの活用方法」
・Vol.10 (2018.3発行) 執筆者:大塚 浩通
「母牛子牛の健康管理 一乾乳期、分娩、初乳給与の注意点一」


■ 検定情報活用誌 G1 お申込み方法

検定情報活用誌 G1 一冊 300円(税込)送料込

お申込み用紙をダウンロード、プリントしてご利用ください。
用紙に、必要事項を明記の上、下記の宛先までFAX、またはE-mailにてお申し込み下さい。

公益社団法人 北海道酪農検定検査協会 乳牛検定部 検定課
FAX 011-281-3798 (問合せ)TEL 011-271-6057
※お申込み書に記載のE-MAILでも承っております。

お申込み受付確認後、お申込み用紙に記載の指定口座へお支払いをお願いします。
※ お振込手数料は負担願います。

お振込確認後、冊子を送付させていただきます。

※ 数に限りがございますので、なくなり次第販売を終了させていただきます。

ページ上部へ戻る